虫歯治療なら八尾市のこうたろう歯科・矯正歯科へ

072-929-8784
ネット診療ご予約

MENU

八尾市 こうたろう歯科・矯正歯科
診療時間






虫歯治療

虫歯

虫歯について

歯科医院(歯医者)に、ご来院されるより大きな理由の一つが「虫歯になったから」だと思います。
では、「なぜ、虫歯ができるのでしょうか?」
虫歯とは、口腔内で細菌が作り出した酸などにより再石灰化が追いつかず、歯が溶かされ、穴があいてしまう病気の事で、感染症の一つとされています。
虫歯は初期の段階だと痛みがないため、知らないうちに悪化してしまいます。

虫歯は自然治癒ができず、放置するとどんどん進行し、治療するときに多くの歯を削ることになります。さらに、虫歯がかなり悪化すると通常の虫歯治療とは異なり歯の神経を取る必要があります。最悪の場合、抜歯という結果に至ります。
逆に早い段階で治療すれば、削る量は少なくなり歯の寿命を伸ばすことができます。
早期発見・早期治療が虫歯対しても重要です。
次に虫歯の進行の流れをご紹介いたします。

虫歯の進行

C0:脱灰

C0:脱灰

痛みがなく、自覚症状はありません。
この段階なら、適切なブラッシングとフッ素塗布により、再石灰化して治ります。

↓
C1:歯の表層(エナメル質)の虫歯

C1:歯の表層(エナメル質)の虫歯

まだ痛みはありませんが、歯の表面が白くにごり、ザラついてきます。
この段階も歯を削る治療は行いません。
適切なブラッシングと再石灰化を促す処置を行います。
また、定期的な観察で虫歯が大きくなっていないかのチェックが必要です。

↓
C2:歯の中(象牙質)の虫歯

C2:歯の中(象牙質)の虫歯

この段階になると、冷たいものや甘いものを食べたり飲んだりすると、しみたり痛んだりします。
治療は虫歯の部分を削り、詰め物(インレー、レジン)で保護します。

詰め物
↓
C3:神経まで達した虫歯

C3:神経まで達した虫歯

この段階までくると、激しい痛みを感じることがあります。治療は神経を取る必要が出てきます。
神経の治療後、かぶせ物(クラウン)を装着する形が一般的です。

被せ物
↓
C4:歯の根まで達した虫歯

C4:歯の根まで達した虫歯

ここまで進行すると、炎症を起こして膿がたまり、最悪の場合抜歯が必要になります。
この状態にならないように早期に歯科医院を受診してください。

無痛治療

痛みの少ない治療
について

「歯医者は痛いところ」という不安を抱えている方は多いのではないでしょうか。
八尾市の歯医者こうたろう歯科・矯正歯科では、その不安を少しでも解消できるように、痛みの少ない治療(無痛治療)に取り組んでおります。

残念ながら現代の医療技術では完全に痛みを感じない治療は不可能です。
しかし、痛みを大幅に無くし患者様に極力痛みを感じさせない治療は可能です。治療技術はもちろんですが、麻酔で痛みを取り除くことが一番効果的です。
そこで当院では、麻酔時の負担を軽減させる機器や薬剤を導入し極力痛みを感じない治療を行っております。

電動注射器
電動麻酔器

麻酔液を一気に注入すると痛みを伴うことがありますが、電動麻酔注射器を利用すれば、一定の速度で麻酔液を注入することができるので痛みを減らすことが出来ます。

カートリッジ
ウォーマー
カートリッジウォーマー

麻酔注射時の痛みの大きな原因の一つが麻酔液の温度です。麻酔液を体温近くに温めることで疼痛の緩和になります。
当院では、麻酔液を温めるための機器を導入し、痛みが少ないとされる人肌に温度を保つことで注入時の刺激を軽減させます。

表面麻酔
表面麻酔

麻酔針が刺さる時のチクっとする痛みは、誰もが苦手だと思います。
そこで、当院では「表面麻酔」と呼ばれる塗り薬を使って、 麻酔の注射針が刺さるときの痛みを抑えるようにしています。

35G注射針
35G注射針

麻酔注射の痛みを和らげるには出来るだけ細い針を使うことも重要であるため、販売されているものの中で1番細い針「35G」の針を使用しています。近年まで最も細かった33Gよりもさらに細い針です。

新着情報

診療日カレンダー

八尾市 こうたろう歯科・矯正歯科

インスタグラム
診療時間
9:30~13:00
14:30~19:30

▲=14:00~17:00
【休診日】木曜日/日曜日/祝祭日 
※祝日のある週の木曜日は診療

〒581-0803
大阪府八尾市光町1-55 ルミエール八尾駅前 一階

ネット予約